調査レポートとは、行革110番で独自に調査・検討し日記で
掲載したたものを、調査が進行形のものは「継続中ファイル」、
ある程度まとめものを「まとめたファイル」としてあります。
 それぞれの項目をクリックして下さい。
継続中ファイル
1.議会対応職員ホテル代

都議会定例会・予算・決算委員会開催前日に、新宿都庁近くのホテルに宿泊する。
19年度にかかったホテル代は2124万円。
2.都庁職員/第2口座

都庁職員の給与振込の振込口座は2つ認められている。この2つ目の振込手数料が
年間3858万円(19年度推定)である事が分かった。小遣い口座と呼ばれている。
3.「止まれ」の白線、
 満空標示

生活道路の交差点にひかれて「止まれ」の白線標示、擦れてしまっている箇所が多く
ある。駐車場の看板が発光ダイオード、信号と見間違える。
4.選挙の公費負担

金がなくても選挙を行う事が出来るように,最低限の選挙費用を公費で負担する制度
がある。しかし選管の不作為、候補者の勉強不足等が重なり、余計に払われていた。
5.出荷証明書
 −官製談合の疑い−

都・会計管理局は、ネットでも格安で売っているフラットファイル等の発注を行い、
その際、メーカーの出荷証明書の提出を義務づけている。2500万円も高い買い物を!!
6.都営住宅の自治会
 都市整備局の不作為

都営住宅/使用者のエレベターの電気代等の共益費は、自治会長等が集金し東電等に
支払う事になっている。その自治会の中には都も手を焼く会長がいるようだ・・。
7.都・交通局の
  ヤミ専従

東京都交通局の組合役員が、仕事を行っていた事にして給料を受け取っていた。
行革110番の張り込みで事件が発覚、警視庁/葛西警察署に刑事告発した。
8.警視庁/桜田門の情報公開
 −住所・電話・勤務先−

桜田門にある警視庁、ここに警視庁情報公開センターがある。情報公開請求をする
にも入り口受付で、氏名・住所・勤務先・電話番号まで書かされる。忘れると・・
9.政務調査費/按分
−ガソリン代・リース代−
都議会議員の政務調査費は,720万円/年。ガソリン代、車のリースまで按分して
政務調査費での支払が可となった。しかし、二重取り?税金まで?と問題だらけ!!
10.新銀行東京

オープンから3年で1016億円の累積赤字の新銀行東京(石原銀行)、その原因の内部
調査報告書、読んだのは石原知事、佐藤局長だけ。読んで返したというから呆れた!
11.カフェテリア・プラン

都は職員の福利厚生事業の一つに、「カフェテリア・プラン」を導入している。
「家族でゴルフ」も可/1人5000円を限度、その一部に税金が・・。
12.台東区/談合疑惑?

台東区で行われている契約の、詳しい談合情報が届く。調べてみると精度が高い。
マスコミも取り上げることもある。
13.よくやった手当

財)東京都道路整備保全公社は、仕事をよくやった職員に「よくやった手当」を支給
していた。最優秀賞-15万円、優秀賞-10万円、優良賞-5万円。
14.都/監理団体
 −役員の評価/5%UPも−

東京都の監理団体(外郭団体)、天下りの温床だ。その天下りした都OBに、業績評価
を行う。業績優秀となると5%の報酬UPも可能になる。監事もというから呆れる。
15.三宅島/ガスマスク

三宅島の一部では、今も火山ガスが噴出しており、ガスマスクの常時携帯が義務づけ
られている。都職員と三宅島職員・住民が持っているガスマスクは違うという大バカ
16.大島の汚水・し尿処理

伊豆諸島最大の島/大島町、ここに汚水・し尿処理場がないことに驚いた。
行革110番はヘリコプターで「し尿処理池」の存在を空から調査、町の不作為!!??
17.式根島/海洋不法投棄
  −2件の事件−
伊豆諸島/式根島の野伏港の沖合に7,000立方メートルの岩塊を投棄、当初は島から
10Km先に投棄する予定だった。海上保安庁の巡視船まで出動して海猿が・・・!!
18.排ガス試験
 −お役人の検査方針は?−

排ガス試験を行う(財)東京都環境整備公社 東京都環境科学研究所、民間業者が
半年/順番待ちでも、残業せず、のんびりと!!
19.防犯協会、防火協会
  −不透明な部分が−

警察・消防にある防犯協会、防火協会は、地元の方々からの寄付で運営されている。
仕事は何なのだろう。寄付は何に使われているのか? 不透明な部分が多い。
20.府中病院/検査課休憩室
−ウイスキー・ブランデー−

内部告発/都立府中病院/検査科休憩室に酒専用の冷蔵庫の写真が届く。
その写真には、ブランデー・ウイスキー・ビール・ワイン・小中・・・。
21.難病/ALS
 −都立病院の対応は−

難病/ALSに対する都立病院の驚くべき対応、改善に向けて患者が問題提起!
病院も改善を約束。
22.穴ぼこ事故
 −小さな穴で転倒事故−

世田谷/荒玉水道道路の真ん中に「小さな穴」が、その穴につまずいて転倒、気絶!
救急車で病院へ。道路管理者の責任問題へ。
23.首都大学東京の公用車
 −水墨画のお稽古にも−

首都大学東京の学長専用車、尾行しついた先は、首都大学が開催している
オープンユニバーシティ、エレベターの先は「水墨画-講座」
24.山中湖/別荘-石原知事
 −別荘から公用車で出勤−

石原知事が所有する山中湖の別荘まで、公用車が迎えに行き、都庁までご出勤
裁判まで行ったが負けてしまった。
25.交通局不祥事
 −アルコールチェック他−

東京都交通局の呆れた不祥事、その中でもバス乗務員に対すアルコールチェック
しかし、チェックする側の職員が身代わりチェック、これって本当です。
26.伊豆諸島のガソリン代
 −都庁職員の格安価格−

伊豆諸島でのガソリン代、都庁関係者が安く入れている?とのカラクリが分った。
東京都と特別区に働く職員で作っている職場の生協(CooP)がある。
27.渋谷区立鉢山中学校
 −クラブ活動の越境入学−

クラブ活動の為に,他区からの越境入学。校長がそのクラブ活動にも熱心!!
校長が知らないで出来るだろうか? 校長が転勤してから増えている。
28.職員福利住宅
 −都教委のバカ安価格−

職員用の住宅がある。しかし、都教委の福利住宅のバカ安価格!!
組合に配慮しているとしか思えない。
29.築地市場移転問題
 −豊洲は海の森へ−

築地市場の移転先とされている豊洲、東京ガスの跡地だが、汚染が酷すぎる。
市場移転の工事をすれば、汚染は東京へ拡散することが懸念される。
30.都選管委員の報酬!!
 −月額報酬は違法?−

地方自治法203条には、非常勤職員は日額で報酬を支払う!!と書かれている。
しかし、たった5日弱の仕事で月額で報酬を得ている。大津地裁を参考に裁判予定!!
31.管理費って、打出の小槌
 −管理費が花火に化けた−

都生活文化局の管理費の内から、800万円以上を、毎年、花火の補助金に流用!!
これで予算案を数年にわたり作成していたというから、デタラメも酷すぎる。
32.政務調査費
 −伏魔殿の実態を反映−

平成21年4月から、やっと領収書を公開する事になったと議会。弁護士等の専門家に
チェックさせて、万全の構えを引いているか。それだけ、おかしい証拠!!

まとめたファイル
1.指定職について

そのポストで給料が決められている民間の取締役のような役職を
指定職と呼ぶ。その給与形態に『おいしい』からくりが・・・
2.応招旅費の供託方法

都議会議員が召集に応じて出席した場合の旅費は1万円。
明大前から新宿まで往復260円。ちょっともらいすぎ!!!
3.1人会派呼称裁判

「行革110番」が「無所属」に!!議会のごくわずかな人間だけ
で決定されてしまった。処分の取消を求めて裁判へ。
4.1人会派いじめ

行革110番をはじめとした1人会派の活動を思わしくないと思っ
ている議員が、数多くいるらしい。「いじめ」の実態とは?
5.地震に危ない学校

都立の高等学校・盲・ろう・養護学校の耐震診断結果を入手。
もし、今、大地震が起こったら・・・
6-1.談合情報検討委員会

平成19年6月、行革110番の調査で判明した「官製談合?」事件に関する、
教育庁の談合情報検討委員会の決定。
6-2.談合情報検討委員会
上記6-1.の談合情報検討委員会の資料。
7.世田谷区/小中学校
 地震に危ない学校

世田谷区の小中学校の耐震診断結果を入手。もし、今、大地震が起こったら・・・
以前は公開していたのに、最近は非公開!!にしていたと言うから酷い話です。
戻る