NO.26  防犯協会、防火協会
    −不透明な部分が・・・・−


平成20年6月5日(木)・・雨
 
世田谷消防署内の変な電話!!

○以前、消防署の中に防災関係の団体があり、その団体の仕事を消防署員が
肩代わりしている、という告発があった。

 その団体の
会費請求書を入手した。

 下の文書が、
世田谷防火防災協会の会費請求書()だが、
 問い合わせ先は、・・世田谷防火防災協会事務局、と記載されているが、
 
住所が書いていない。電話も携帯番号だけ。・・赤の矢印の部分
 
ひょっとすると、世田谷消防署のなかに置いてあるかも知れない??と思い、
 電話をかけると、
世田谷消防署員が電話をとる

 住所も書かず、消防署との関係を隠そうとしていると疑われても仕方がない。
 火災に備える消防署員が、
別組織の団体の仕事をしていて良いはずがない。
 消防幹部の天下り先との告発もあり、問題だ。
 
   _____________________________
  
  ________________________________________
  
    _________________________________________



平成20年6月12日(木)・・雨のち晴れ
 
行政財産の使用許可 でなく 協定 で 可 ?!?!?
  −北沢警察署内の防犯協会−

○警視庁の情報公開センターから電話で「北沢警察署内にある北沢防犯協会の部屋?
に付いてのは、行政財産の使用許可でなく協定を取り交わしている」と連絡があった。
 一般的に役所の一部を貸す場合、「行政財産の使用許可」が必要であり、電気等の
経費は負担しなければならない(減免申請もできる)と思っていたが、警察は「協定書」で
すませることができるようだ。調べてみよう。




平成20年6月9日(月)・・夕方/雷雨
 
世田谷警察署内−世田谷防犯協会
  -世田谷警察の対応-
  
6/5の日記の続き!!
 今日は、世田谷防犯協会の電話が設置されている世田谷警察に出かけた。
 
世田谷防犯協会の平成20年度賛助金()は「一金11,000円也と書かれている。
     __________________________________
    

     _________________________________

 会費納入書には、世田谷防犯協会の連絡先として「
世田谷警察署内と明記され、
事務局の電話番号も記載されている。
 世田谷防火防災協会の携帯番号(所在地記載なし)だけと比べると、体裁は整っている。
 
 電話番号が3400-****となっているので、もしや電話料金は世田谷警察が負担
しているのでは?と考え、情報公開請求したが、
受理するまでになんと「1時間」かかった。
 警視庁の本部と連絡をとらなければ受け付ける事も出来ないという。
 警察の捜査が鈍いと批判されるが、全く同じだ。
 やっと情報公開請求書は受理されたが、よく見ると
受付印がない!! 
「受付印は?」と聞くと、
 
手書き()で「警視庁世田谷警察署 164」と書いたのが受領印と同じだ、という。
 世田谷警察署には受領印がないらしい。ゴム印の予算もないのだろうか!!
     _________________________________________
 
     _________________________________________


○防犯協会のパンフレットをもらおうと思い、情報公開担当者に防犯協会の場所を聞いても
教えてくれない。何故?と尋ねると、警視庁世田谷警察署生活安全課長が対応し
防犯協会の電話は署内にある。電話したがいない。警察署内なので・・。誰もいないので
いっても仕方がない。警察署内なので・・。

と繰り返すだけ。
 世田谷防犯協会って何をしているのだろう。
 防犯に対する都民の関心は高い。そのためにも「防犯協会」を積極的に活用すべきだろう。
にもかかわらず、隠蔽といわれても仕方がない対応をとる世田谷警察署。呆れた!!!
 世田谷警察署には、刑事告発の相談もしているがこんな対応では信用できなくなった。

世田谷警察の前に世田谷消防署に寄り道した。
6/5の日記で書いた世田谷防火防災協会の携帯電話がおかれている世田谷消防署に寄り、
携帯電話の設置されている場所を見せてもらった。
 問題の携帯電話は、
総務課職員の事務机の上においてあった。
 
 世田谷防火防災協会の内容が、防火防災に関する事なので協会の電話を署内に置いている、
と副所長は説明するが、パンフレットも入会申込書も置いていないという。
つまり、協会の仕事は消防署員が代行しているのでは?? と考えてしまう。
 
 世田谷消防署・警察署は、署内に事務局・電話を置く「世田谷防火防災協会、世田谷防犯協会」
との関係を明確にして、積極的に説明・PRするべきだ。
 こんな対応をしているから、「
幹部の餞別・飲み代」などの裏金があるという情報も真実味を
帯びてくるのだ。

 

  

平成20年6月10日(火)・・晴れ
 北沢警察署内/北沢防犯協会
  

昨日の続き!!
 行革110番「後藤」の地元、北沢警察署にあるだろう? と思い
北沢防犯協会に、申込書・パンフレットをもらいに出かけた。

北沢警察署の受付で、
「防犯協会の申込書がほしいんですが!」
と告げると背広姿の男性が北沢防犯協会と書かれた冊子を持っておりてきた
 名刺交換すると、名刺には生活安全課防犯課と書かれ、警察署員だ。
 防犯協会の仕事も(警察)署員が代行しているのですか?と聞くと困っていた
 
 北沢警察署では、防犯協会用に
小さな部屋があり、月・水・金は防犯協会の
担当者がくるという。

世田谷警察署とは比べものにならない「接客態度のよさ」だ。
しかし、
防犯協会のパンフレット等はないという。
 警察署内に事務所をおきながら、防犯協会について何故、積極的にPRしないのだろう。
 警察署の窓口にパンフレットをおくべきだろう。
それとも、出来ない理由でもあるのだろうか?

 防犯協会の申込書と趣意書(
)だけもらう事が出来た。
    ___________________________________
   
     _______________________
  
     __________________________




                     戻る