NO.21 監理団体/評価点
       


成20年9月30日(火)・・雨
 総務委員会/監理団体 - 評価
  ━その1. 経営目標の配点━


○13時から総務委員会が開かれ、関係の議案と報告事項の質疑が行われた。
今週は行革110番が質問をした報告事項の中の
監理団体経営評目標の達成状況・経営実績
についてレポートする。

監理団体経営評目標の達成状況・経営実績(←ここをクリック)
とは、 都が平成13年度から、監理団体改革の一環としているもので、
団体が「経営目標」を設定し、達成度を評価する。
そして、都として
よくやった役員には5%アップ、働きの悪い役員は5%〜10%のダウン」
と民間並みに改革をしている????? というものだ。
 しかし、よく見ると
東京都の天下り先の団体がこんなに改革が進んでいますよ!!!
という
お手盛りカモフラージュしている実態が分かってくる。
 以下そのカラクリを紹介する。

○以前から疑問にあったのが、その達成度評価(
)の方法だ。
この評価によって理事長等の報酬5%アップというお手盛りが可能だ。

   



○そこで過去の
達成状況←ここをクリックを調べると、
 
(財)東京税務協会  東京都下水道サービス
の2つの監理団体が
平成13年(最初)〜平成19年(直近)まですべて最高成績の「95%以上 達成」の栄冠を得ている。

○しかし報告された税務協会の資料では、以下の通り(
)
税務協会が自ら決めた「指標名、19年目標値、19実績値」、そして「評価」が載っているだけ

   


○この「目標の達成率」の 95%以上 95%未満-90%以上 等々の
配点は方法は??
 そこで、税務協会の配点を調べると、以下(
)の通りだ。
監理団体はすべて50点を満点として採点する。しかし、この配点も各監理団体が決める!!
下記の「指標も、目標値も、実績値も、配点も」、すべて税務協会が決めているのだ。
 
   
  
(↑ 赤の配点部分は、行革110番が監理団体指導課より確認して記載した)
   
○明日は、この中身を報告する。



成20年10月1日(水)・・曇り
 総務委員会/監理団体 - 評価
  ━その2. 安易な項目で5%アップ━


○昨日の続き!!
 
都・監理団体の常勤/理事長等は、経営目標を達成し、局長等の評価が良いと
報酬を5%アップすることができる。

しかし、その経営目標の設定、配点まで当該監理団体が行う制度には問題がある。

○そこで、平成13年〜19年まで、経営目標をすべて達成している監理団体の
目標を調べると以下の通り。

○下表(
)は昨日示した(財)東京税務協会の経営目標の抜粋だ。
     ________________________________________
      
指標名      19目標値  19実績値  配点
  
  
(↑ 都総務局作成 19年度監理団体経営目標の達成状況・経営実績 6ページより抜粋
              配点欄は、監理団体指導課に確認した点数を行革110番が記載)

   ________________________________________

 上の指標名「東京税務セミナー受講者1人当たり経費」の目標値は5,800円
実績値が目標より「3円」下がって5,797円となり、目標達成!!だ。
 セミナー受講者の人数は「406名」という。
 18年度の実績を調べると「5、897円」。つまり、19年度はセミナー受講者
1人当たりの経費を「97円」下げる目標を立てたことになる。

  5,897円(18年度) − 5,800円(19年度) = 97円(下げる)
 しかし受講者は406人、1人当たり97円経費を下げるということは
セミナー開催の経費を39,382円、たった4万円弱下げる目標を設定している事になる。
  406人 × 97円 = 39,382円
 
 また、指標名「独自の人事給与制度の構築」に至っては目標が原案作成、
当然実績も原案作成だ。
 こんな簡単な目標をたて、目標を達成したといっても自慢できる事ではない。
その上、この「
目標を達成」が役員の報酬5%アップの条件になるのだ。



成20年10月2日(木)・・晴れ
 総務委員会/監理団体 - 役員評価
  ━その3. 役員報酬5%アップ可能な団体━


○昨日の続き!!
 都・監理団体の役員は、昨日の報告した通りのお手盛りの経営目標を達成した
団体のうち、局長等評価が「
成績優秀」となると報酬が5%アップ!!可能??となる。
まず一つの疑問は「
可能??」という文字だ。

   報酬が5%アップ!!
可能??

 つまり、
  各団体の判断で5%アップしても!! しなくても
構わない!!
  東京都は各監理団体の自主性に
任せる!!
という。
 2つ目は、局長の評価が「
成績優秀」の場合というが、
     長い役人生活で「
お世話になった先輩を評価?????」するという。

そこで、監理団体を所管する監理団体指導課に
 「この6団体の内、
実際に5%アップした団体はどこか??」
 と聞くと、
 「5%アップした団体は
把握していない。監理団体に対し、報告義務を課していない
 というので、調べてもらうと
 「(財)東京都公園協会、東京水道サービス(株)」が5%アップしている事が分かった。
 しかし、アップしたかどうかも把握していないとは信じがたい。
 
何と!!!まあ!!!監理団体の役員さんたちにやさしい総務局だろうか!!
  
       
天下りしている役員は「先輩!!」 
       いつかは自分も「天下り!!」
       お手盛りの5%アップは困ります??

     

 下の文書(
)は、平成18年度の役員報酬に関する記述だ。「5%増が可能
として6団体が記載されている。
     ____________________________
   (3)役員報酬
   
     _________________________________________

 



○都・監理団体の役員の報酬は以下の通り決まっている。
     ______________
   
     __________________


平成16年度、平成17年度の5%アップ可能な団体リスト()
 実際にアップした団体は調べるのが大変!!と教えてもらえなかった。
     _______________________________
     
     ___________________________________



成20年10月3日(金)・・晴れ
 総務委員会/監理団体 - 役員評価
  ━その4.  監事・監査役まで5%アップ???━


○昨日の続き!!
 都・監理団体には「
監事、監査役」が置かれている団体()がある。  
     _________________________________
    
     _________________________________

○都・総務課局は監事、監査役の仕事
理事会等の意思決定の監査、決算書類等の監査など
と位置づけている。
しかし、都が行っている業績評価では、
「成績優秀」な監事、監査役にも報酬5%アップ
が可能なのだ。
 広辞林に、監査とは「監視し検査すること」と書かれている。
 遵守すべき法令や団体規程に違反しないように監視するのが仕事の
監事・監査役を、
どのように評価???するのだろうか。

 
監事・監査役には、減点はあっても5%アップなど冗談でない。
 どこまでお手盛り??をする気なのだろう!!


○また、都・総務局は、経営評価・業績評価の
マニアルをつくり評価しているという。
そこで行革110番が、このマニアルの提示を求めたところ、
拒否する。
そしてマニアルのタイトルまで
教えないという。
 総務委員会で追求して、やっとタイトルを聞き出した。
 何でそこまで隠す必要があるのだろう。
  
お手盛りがバレるといけないから・・・・?
   と勘ぐってしまう。
 そこで、
  
役員業績評価マニアル東京都監理団体経営評価の達成度評価マニアル
 の情報公開請求した。

○都監理団体の監視を怠れは、天下りは
甘い汁を吸い続ける。
 
お手盛りをなくすには、情報を開示させ追求すること。
 そして、
議会が細部までチェックする事が必要と実感した。




成21年3月17日(火) ・・晴れ
 都・監理団体/都退職時の役職-過去10年
  −総務委員会提出資料−

○午後13時〜20時まで総務委員会。その中で提出()された都監理団体の代表者名等
 右端の「
都退職時の役職」を見てもらえれば、コメントはいらいなだろう!!!!
 天下りの実態が良く分かる。
     ___________________________________________






○下(
)は、昨年8月に送られてきた東京都公園協会の理事長交代の挨拶状だ。
 左側が
教育庁を退任し、新理事長に就任した中村正彦氏の挨拶状!
 右側が
公園協会の理事長職を中村氏に譲った元建設局長の山下保博氏の挨拶状!!
 まるで
ところ天」だ!!   
 
実はこの挨拶状、新旧の常務理事も一緒の一枚の紙に印刷されていた。経費節減とでもいいたいのだろうか?
     ___________________________________________
   
     _________________________________________



                      戻る