《プロフィール》
行革活動のキッカケは、パン作りの酵母菌が教えてくれました。
後藤 雄一
1949年8月16日 世田谷区下北沢生まれ
       6歳で世田谷区松原から引越し、現在も
            
学歴
 1962年  世田谷区立松沢小学校卒業
 1965年  成蹊中学卒業
 1968年  成蹊高校卒業
 1972年  成蹊大学経済学部経営学科卒業

職歴
 1972年4月  凸版印刷入社
       海外事業部 ニューズウィーク担当
   〜1973年12月
 その後
  今佐(新宿居酒屋)、京や(中野-甘味処)、
  モンツァ(三鷹-べーカリー)
 1978年11月 ベーカリーウッドペッカー開店
   〜現在

趣味 日曜大工 家庭菜園

座右の銘  継続は力なり 不言実行

尊敬する人  土光敏夫
酵母から教わった行革人生
ベーカリー ウッドペッカー
 住所 世田谷区桜上水5-24-2
 電話/FAX  03-3302-8291

 天然酵母パン
   自家製の天然酵母、国内産小麦をつかったは、
  噛めば噛むほどおいしさが・・・。
  
こだわりの店のガイド」
  で無添加のパン屋と紹介されています。

 30年前に脱サラで始めた「手作りパン屋」、朝3時30
分に起き、朝から晩まで
がむしゃらに働いた。
 パン屋の友達はラジオ(山谷晋平のおはよう日本)、その
ラジオから「税金のムダ使い」の話しが・・・。
コツコツ稼い売上げからの税金、その税金がムダ使い!!
生活に密着したパン屋だからこそ、役人の無駄使いに腹
がたつのだろう。

 パンを本当に美味しくするのは「酵母」です。バター
や卵ではありません。究極のスローフードです。
 酵母を大事に育てること、子育てと同じです。そして
社会を良くすることにつながります。
行革110番の活動をメディアの記録を通して紹介!!

アエラ-1997年1月20日号 −現代の肖像−
本文はここクリックして下さい。4ページあります。
手紙が同封されていた。
 −原文と日本語訳です−
←ここをクリックして下さい

後日、アップします。
後日、アップします。
行革110番とは
 2001年6月、都議会選挙で1議席を得て、オンブズマン活動から
フィールドを東京都の中に広げたので都議会の中からのオンブズマン活動
をはじめで世田谷行革110番から「行革110番」としました。
 2009年7月、議席はなくなりましたが、活動はいままで通りです。

 納税者の立場に立ち、情報公開・監査請求・住民訴訟等を活用し、
税金の使われ方を監視し、特定の政党・労働組合・宗教団体等とは
一切関係なく、ホームページに於いて行政の情報を発進しています。

事務所
〒155-0043 東京都世田谷区松原4-37-6
         告発/FAX 03-5300-8457
  メールはこちらまで goto110@kt.rim.or.jp

カンパの振込先  
郵便振替 00110-1-21257 後藤雄一の会

行革パン屋のトップページ(戻る)