平成21年1月の「オリンピック日記」


成21年1月6日(火) ・・晴れ
 東京オリンピック開催準備基金
  ━オリンピック招致ストップで4,000億円━

○オリンピック招致、金がからないと宣伝している。
 しかし、

 大金持ちの東京都は、
  東京オリンピック開催準備基金
   平成18年度〜平成21年度まで
    毎年1,000億円づつ積み立て
     
平成21年度には4,000億円になる。

 
19年度決算で、201,389,381,500円()。
 
今年3月(平成20年度末)には、元金+利息で「3,061億円」、
 そして、4月にはさらに1,000億円を積み立て「4,000億円+利息」だ。

 新銀行で大損、そしてオリンピック招致でまた・・・!


 
麻生総理ではないが、石原知事も・・・・・!

     
_______________________________________
     
___________________________________________



成21年1月7日(水) ・・晴れ
 オリンピックムーブメント委託金
  ━1,000万円を超えても/OK━

○2016年オリンピック招致を勝ち取る為には、都民の多くが招致を望んでいると
国際オリンピック委員会(IOC)にアピールする必要がある
しかし、
盛り上がらない
そこで、東京都が考えたのが区市町村によるオリンピックムーブメント共同推進事業だ。
平成20年度東京都と区市町村によるオリンピックムーブメント共同推進事業に係る委託金支出要綱
オリンピック招致の宣伝をする事を条件に市区町村が行うイベントに
上限/1,000万円
として金を出す(資金提供)というものだ。
 
Tシャツ・ジャンパー、オリンピックで活躍した選手等の謝金、エコバック、花火など、
現在集計中だが、
3億円を超えている。

 しかし、行革110番が情報公開でとった文書を集計しところ
「1,000万円」を超えている市区町村がある事が判明した
都/オリンピック招致本部に聞くと
選定委員会が必要であると判断したものはOK」という。
 
 選定委員会が必要であるとの決定を見てみたいものだ。




成21年1月8日(木) ・・晴れ
 オリンピックムーブメント委託金
  ━千代田区/浴衣━

○昨日の続き!!
 以下は、東京都と千代田区による
オリンピックムーブメント共同推進事業
「第46回千代田区民体育大会」に東京都から千代田区(千代田区民体育大会実施委員会)
にオリンピック招致費用としてに支払われた文書の一部だ。


 「
千代田区民謡連盟100名が、オリンピック招致ロゴマークを染め抜いた浴衣を纏い、
 全員で三波豊和氏が歌う東京五輪音頭に合わせて踊ることによりオリンピック招致
 気運の醸成を図る。

 という目的だが、
  浴衣の仕立料込み/17,745円、帯/5,250円、ハッピ/10,500円
 1名当たり/33,495円、100名で3,822,000円が支払われた。
     __________________________________
   
     ___________________________________

 
オリンピック招致の為に、浴衣・帯・ハッピまでとは思わなかった。


   __________________________________________
 

 

 




成21年1月9日(金) ・・晴れ
 オリンピックムーブメント委託金
  ━オリンピアンへの謝金━

○昨日の続き!!
 以下は、2016年オリンピック招致に向けて、招致気運を高める為に、各区市町村に
1000万円を上限に行っている
オリンピックムーブメント共同推進事業で支払われた文書の一部だ。
 
 今日は謝金をまとめてみた。
 
オリンピアンとは 「オリンピック競技大会における日本代表選手」、以下はその代表選手等に
支払われている謝金の一部(
)。

 謝金は
20万円〜100万円の幅がある。同一選手でも自治体によって金額が違うケースもあり、
イベント企画で様々だ。
港区の1,260,000円の講師は,オリンピック招致大使の1人だ。
 
 招致気運を盛り上げる為に!!! と懸命になっている石原知事!!
 これだけやってもそれほど盛り上ってはいない。
 自治体のお祭り・イベント費用を都が負担しているだけの事。

     _____________________________________________________
●桧原村
  

●東村山市
  

●日野市
  

●港区
   




成21年1月13日(火) ・・晴れ
 オリンピックムーブメント委託金
  ━ 世田谷公園 /フラワーモニュメント ━

○世田谷公園に設置された「招致フラワーモニュメントin 世田谷」を見に行ってきた。
 世田谷区池尻にある世田谷公園、その入り口にー
フラワーモニュメンーなるものがあった。
   モニュメントは1基/100万円、が2基
   花の植え付けが/1回20万円、3回分 = 60万円
  小計/260万円だ。
   これが何であるかを示さなければなんだか分からないので/看板が10万円。
  合計/270万円

 使い放題のオリンピック招致費用「150億円」、これが東京都が考えるオリンピックなのだ

     ___________________________________________________
     
      _____________________________________________
世田谷公園の案内図、モニュメントは道路に面した正門にある。

これが、モニュメント!!
黒いプラスチックのフラワーポット?に入った花が
壁(↑)に埋め込まれ、球体(→)に埋め込まれている。
フラワーポットだが、壁タイプには 10×20=200個、球体タイプには 6×8×6=288 合計488 

どうやって水をやるのだろう? ・・・・・・・・・・それは、裏側を見ると水のパイプがはり巡らされていた。 

この看板が、100,000円!!
     
    全体



これが6つたっている。

             _____________________________________________________

             


成21年1月15日(木) ・・晴れ
 オリンピック招致
  −アホ臭い-出張復命書 (その1) −
 

○昨年 12月19日/毎日新聞で「報告書の一部同じ 北京視察 都の五輪本部職員」
という見出しがある。気になって調べてみた。
 すると、アホ臭い手の混んだ出張復命書がぞろぞろ出てきた。
 
 同じ出張用務・出張先だが、命令権者が違うので「同じような出張復命書」になった事は分かる。
しかし、
 報告書は、「私(宮川)は」と「宮川部長は」の「
」の一文字だけ、
 
写真は,30枚 のうち25枚が同一写真を使用。違う写真も構図は同じ。
 名刺は、
13枚のうち10枚が同じ
  そして、同じ10枚のうち3枚は「宮川部長は
、望月課長補佐は」にしてある。

 
何故? 連名にしないのだろう? これが都庁/役人のやる事なのだろうか!!

 オリンピック招致本部は企画屋さん?
   負けても許してもらえる楽な仕事だ!!。
 

  
下記の文書は、左側が宮川部長、右側が望月課長補佐の復命書に添付されたものです
     ________________________________________________________________________________

↑ 東京オリンピック招致本部の出張復命書、左は企画部長「宮川」氏、右は招致推進部競技計画課「望月」氏。
    

    ___________________________________________________________________________


↑ 左は宮川部長の報告書です。右の望月課長補佐の報告書と違う箇所は、矢印(赤)の1カ所だけ。
   宮川部長・・・・・「私(宮川)が石原知事に代わり・・」
   望月課長補佐・・・「宮川企画部長が石原知事に代わり」
     
    ___________________________________________________________________________________

↑ 左は宮川部長の報告書に添付されている写真です。右の望月課長補佐の報告書に添付された写真と違う写真は何枚あるでしょう?
    答え・・2枚・・写真左上のオークランド空港/本人の写真?がある。
            写真中段の左側のビルの写真、構図が違う。

    
     ____________________________________________________________________________

↑ 左は「宮川部長の報告書」に添付されている名刺です。右の望月課長補佐の報告書に添付した名刺と似ているものは何枚あるでしょう?
  答え・・その1.・・左側の宮川部長の写真左上の日本体育大学 副学長「滝沢康二」氏の名刺
          右側の望月課長補佐の左側中段の「KOJI TAKIZAWA」と書かれた名刺。
          名刺の裏表と推測出来る。
      その2.・・左側の宮川部長の写真右3枚目の日本体育大学 教授「荒木達雄」氏の名刺
          右側の望月課長補佐の右側3枚目の「TATSUO ARAKI」と書かれた名刺。
          名刺の裏表と推測出来る。




成21年1月16日(金) ・・晴れ
 オリンピック招致/相手の機関名も非開示


○フェアなはずのオリンピック、しかし招致のことになるとまるで「オリンピック招致戦争」だ。
 オリンピック招致本部の起案文書を情報公開請求したところ、下(
)の非開示決定通知書が届いた。
 
 公文書名・・・平成20年11月18日付20東オリ招競第96号 関係機関との調整について
 根拠規定・・・東京都情報公開条例第7条第6号に該当
 非開示理由・・公にすることにより、関係機関との信頼関係が損なわれ、今後のオリンピック招致事業
       の適正な遂行に支障をきたすため

 と書かれている。
 「関係機関との調整」の文書だ。調整している内容を非公開にするなら「その部分」を非開示にすればよい。
 にも係らず、「関係機関名」すら非開示とは情報公開条例の趣旨に反する。
 非開示取消訴訟の準備に入る。

     ____________________________________
    



成21年1月22日(木) ・・雨

○1/16の日記の続き!!!
 
1/16の日記で
フェアなはずのオリンピック、しかし招致のことになるとまるで「オリンピック招致戦争」だ。
 オリンピック招致本部の起案文書を情報公開請求したところ、非開示決定通知書が届いた。
 「関係機関との調整」の文書だ。調整している内容を非公開にするなら「その部分」を非開示にすればよい。
 にも係らず、「関係機関名」すら非開示とは情報公開条例の趣旨に反する。
 非開示取消訴訟の準備に入る。

 
と書いたところ、慌てて(?)
   
「非開示」→「一部開示」 に変更してきた。


 
その関係機関が
 「警視庁交通部長殿」「警視庁警備部長殿
 と書かれている。
   
隠す
  
これがオリンピック招致の実態だ。




非開示決定通知
  
から
一部開示決定
  




























成21年1月30日(金) ・・晴れ
 政務調査費/北京オリンピック視察報告書


○北京オリンピックの視察報告書(←ここをクリック)、写真を混ぜ、アップしました。


 
                戻る