一番新しい「オリンピック日記」


成21年2月10日(火) ・・晴れ
 オリンピック招致/バラマキ
  −21年度も都内各自治体に1,000万円
(上限)

○1/7、1/8、1/9、1/13の日記の続き!!
 
2016年オリンピック招致、都民は盛り上がらない。
 そこで今年度(平成20年度)、都内の各自治体のイベントでオリンピック招致を宣伝して
 もらう事を条件に「1000万円」を上限に補助(バラまき)している。予算/6億2千万円。
 ところが、これでも都民は盛り上がりは低調。
 そこで、平成21年度、つまり平成21年4月からの予算でも、同じ「1000万円」のバラまきを行う。
 こちらも予算は6億2千万円ということになる。
 
 その為に、昨年12月から各自治体に以下(
)の呼びかけを行っている。
 バラマキが見え見えの箇所が「提出様式」と書かれた部分だ。
  「
提出様式
    事業実施計画書(支出要綱第1号様式)及び計画書を提出ください。
    なお、計画書の公印等のご捺印は、現時点では不要です

 「計画書の公印が不要」で計画書を集めて、「1000万円あげるから宣伝して!!!」というのと同じ、
 これがオリンピック招致活動の実態だ。
 石原知事は、都政を「オリンピック一色」にしたいようだが、これで良いのだろうか?

     ____________________________________________
   
     _____________________________________________


平成20年度の1000万円のバラマキの実態は、
1/7、1/8、1/9、1/13の日記
都議レポートNo.21(←ここクリック)を見て下さい。




成21年2月12日(木) ・・晴れ
 IOC委員来日に備えて−その1
  
電通の契約/IOC評価委員訪問対応に係る準備委託
 都市整備局の予算→オリンピック招致予算に
  −
ICタグを活用したITまちづくりの実証実験−

○オリンピック候補都市の決定に、IOC委員が各候補都市を回り「採点」を付ける。
 東京には4月14日〜20日の7日間の日程が決められている。
 この時のためにいくら税金をかけるのだろう!!

 今回取り上げるのは、電通に業務委託した「
IOC評価委員訪問対応に係る準備委託」。
 
その情報公開で入手した「起案書・仕様書等々の原文」(←ここをクリック)を全てアップする。
 
 「オリンピック招致 = 電通」、「電通にしか出来ないオリンピック招致」と言われているが、
 過言ではないだろう。
 そして公開された文書から、ここまで非公開にするのか、と考えるのか?
 
「仕様書・特命理由書」(←ここをクリック)の黒塗り部分は異常だ。
 隠す必要がないと思われる箇所まで非公開。
 こんなオリンピック招致は反対だ。

 
関係者が一番恐れているのは、IOCの委員の前招致反対」のプラカード
 掲げられる事だ。

 
●日程は、
 IOC委員を
  
4/14(火)成田空港でお出迎え、パーティー、そして分刻みで連れて回り、
      合間にはパーティー、都庁訪問で石原知事とご挨拶等々、
  
4/20(月)成田から帰国、
 という具合では?

●電通は何をするのか?と言えば、
 IOC委員「4月14日〜20日」までの、ホテル
??の予約等??全ての日程??
   全体計画・・体制図、関係機関のスト、連絡リスト、役割分担表
   業務スケジュール 及び タイムライン
   運営マニュアル・・必要物品リスト、7日間の詳細スケジュール、
 しかし、公開された文書は、真っ黒、何がなんだか分からない。

●公開された文書の中に、見慣れない紙が一枚あった。
それは
平成20年度、一般会計予算の執行委任に付いて(20都市総企第494号)」。
 都市整備局が「ICタグを活用したITまちづくりの実証実験」をオリンピック招致本部に
執行委任する、という文書(↓)だ。
  
A・・都市整備局→→オリンピック招致本部
  B・・平成20年度 一般会計予算の執行委任について
  C・・件名・・「ICタグを活用したITまちづくりの実証実験」
  D・・1億 82万円(10,0820,000円)
  E・・使途内訳等・・IOC評価委員対応における
■■■■■■■■にかかる■■
           
■■■■■■■■経費
 
 この執行委任から明らかになったのが、
  
都市整備局の予算→オリンピック招致に化けて
   電通に特命随意契約で業務委託、そして、内容は
真っ黒!!
 
 皆さんへ
 
E 」()の■■■■■■■■の部分、何と書いてあるのか分かった方は
 どしどし応募ください。お待ちしています。
 
その他の黒塗り部分も、みんなで考え謎を解き明かしましょう!!
 

     ___________________________________

     _____________________________________




成21年2月13日(金) ・・晴れ
 IOC委員来日に備えて−その2/電通契約
  
招致気運盛上げキャンペーン(仮称)に伴う
    シティー装飾にかかる業務委託について


○オリンピック候補都市の決定に、IOC委員が各候補都市を回り「採点」を付ける。
 東京には4月14日〜20日の7日間の日程が決められている。
 この時のためにいくら税金をかけるのだろう!!

 昨日取り上げたのは、
電通に業務委託した「IOC評価委員訪問対応に係る準備委託」(←ここをクリック) 
 今日取り上げるのも、同じく
電通に業務委託した
 「
招致気運盛上げキャンペーン(仮称)に伴うシティー装飾にかかる業務委託について」。
 
その情報公開で入手した「起案書・仕様書等々の原文」(←ここをクリック)を全てアップする。
 

○今日、立候補ファイルが公表された。
 
10月の決定まで、
  東京のIOC委員の目に留まるところだけに
   税金を湯水のごとく「オリンピック、オリンピック」と
    装飾を施し続けること(
)が分かる。

     __________________________________________
   

     _____________________________________________________


 
関係者が一番恐れているのは、IOCの委員の前招致反対」のプラカード
 掲げられる事だ。



成21年2月16日(月) ・・晴れ
 オリンピック立候補ファイル/財政保証
  −別添は公表しない−


○オリンピック立候補ファイルがIOCに提出された。
 まずは「財政保証」!! 86ページ(↓)の抜粋だ。
   ___________________________________________________
   
     _____________________________________________________


○IOCからの質問に対して
 
大会組織委員会が万一資金不足に陥った場合の補填については、
  日本国政府及び東京都知事が、別添のとおり、保証している。

と回答している。
しかし「別添のとおり保証している」と書かれているが、その別添記載内容について
招致本部計画調整課は「一切公表できません」という。
 では国は? 国が財政保証のするための国内法?について文部科学省競技スポーツ課に
問い合わせてみると,
「立候補ファイルには『別添のとおり、保証している』と記載されているだけで
 財政保証するとは書いてないはず。保証をする、しないというだけでのことですから、
 根拠となる法律はいらない。」
という。
 2/14の毎日新聞()にこんな内容の記事がある。
   国についての記載部分を抜粋すると以下の通りだが、
     この立候補ファイルとは実に曖昧なものだと分かる。
     _____________________________
   
     ____________________________


 (↑ 平成21年2月14日 毎日新聞)



成21年2月18日(水) ・・晴れ
 石原知事-施政方針/オリンピック招致


○13時から本会議、石原知事の施政方針の表明があった。
 知事がいう「日本だから出来るオリンピック」、その中に加わった文句が
 「
日本は、戦後60年以上にわたり、一貫して平和を堅持し、数多くの分野で
  人類の成長と反映を支えてまいりました。その日本で再びの東京大会を
  開催することにより、民族・国家間の強調を培い、世界を一つに結んで
  行きたいと思います

 という。
 尚更分かりずらくなってきたと思うのだが!!!!!
 
 
以下(↓)は平成21年度第1回都議会定例会 知事施政方針表明
      原文のまま−25ページ〜27ページ−

     ______________________________

     
   
   
   
  



 
                戻る