平成20年1月の「オリンピック日記」


平成20年1月25日(金)・・曇り
 オリンピック招致本部、H20年度予算の見積概要
 
平成20年1/18の日記の続き!!
以下は「オリンピック招致本部の平成20年度予算(歳出)見積概要」だ。






○今日、私のパン屋の「商店会の新年会」があった。
商店街として様々な工夫を試みているが、前途多難

しかし、商店街に飾られた「
」の費用が「3億2,000万円」、
開催都市が決定する
平成21年10月まで、この「旗」を吊るしておくのだろうか?
こんな「旗」をつる下げておく暇はない!!!

 オリンピズムの普及・啓発に「
18億円」。
      (その中の)
  他の自治体等との連携したオリンピズムの普及・啓発「
4.8億円」。
      (その中の)
   
商店街フラッグ等「3.2億円



平成20年1月18日(金)・・晴れ
 オリンピック招致活動経費/150億円
  ー反対だ!ー


○オリンピック招致、東京が勝っても負けても招致活動に「150億円」の費用が
投じられる。
その内訳が、昨日、2008年度の予算原案で示された。

 
総額・・150億円・・東京都・・・ ・100億円
           招致委員会・・50億円

 と見積もっている。
 
 勝っても負けても、150億円が泡と消える!!! 
  これが「
オリンピック招致競技?」の現実だ。
 
 そして、現時点で、東京都は「100億円」、
 しかし、招致委員会が50億円集まらなければ、不足分は東京都が!!!
 150億円で足らなくなれば、不足分は東京都が!!!
 
(招致本部は東京都の部局。招致委員会は民間組織)


 





                 
  
                
戻る