平成18年1月〜3月の「オリンピック日記」

平成18年1月18日(水)・・くもり
 
平成18年度予算(原案)/オリンピック

 平成18年度予算の原案が発表された。
東京都予算(原案)の概要の30ページに「東京でのオリンピック開催に向けた取り組み」と
題する下図
が載っている。
  
2 東京オリンピック開催準備基金への積立 1,000億円。と書かれ
最下段には、
「開催地決定までの予定」 平成18年→平成21年度のスケジュールが書かれている。
この図を見ると、既に「
東京が日本のオリンピック候補都市」に決定しているかの錯覚に陥る。 
 
オリンピックに関連した基盤整備など、膨大な財政需要に備え 
という。
    昨年の、新聞記事では、10年で1兆円を積み立てる!と書かれているが、
     
膨大な財政需要とはいくら???????になるのだろう。
  
 
オリンピックの開催を通じて成熟した都市の姿を世界に示し、改めて日本をアピール。
これが石原知事のいう「
東京オリンピックのコンセプト」のようだが、何か違うような気がする
   _________________________________________________________

  



平成18年2月28日(火)・・雨
 東京オリンピックはナショナルイベント?

  東京オリンピック招致準備にかかる基礎調査委託


●代表質問が始まった。
 石原知事は
  
*オリンピックはナショナルイベント、
  *東京が沈めば日本が沈む、
  *21世紀の都市モデルを提示する

 と発言したが、このまま上手くことが進むだろうか?
 「なぜ東京でオリンピックを開催するのか?」
 私の回りには、反対の方が多い。
積極的賛成はほとんどいない

●規定路線で進むオリンピック準備
 オリンピックといえば「電通」と言われている。。
その電通に今回もお世話になっているようだ。
  「
東京オリンピック招致準備にかかる基礎調査委託
 企画提案方式に応募してもらい、随意契約で電通に委託している
    _______________________________

    ________________________________

ここで面白いのが、
 企画を審査した審査員がオリンピック担当の知事本局の職員なのだ。
 その上、「企画提案方式実施要領」の中には
   
予定経費は、9,933,000円を上限とする
 と書かれている。
 そして、電通の見積書

  出精値引・・・「−500,000」
 と書かれ、予定経費との
差額が6万円になっている。

 オリンピックは電通!! ということのようだ。
    ___________________________________________






平成18年3月3日(金)・・雨
 
オリンピックの交通渋滞どうするの?
  羽田跡地って????


●石原知事が議会で「2016年東京オリンピックの主要関係施設 検討候補地」を議会にも
説明する、としていた。
その説明が午後2時30分から行われた。



 東京都は、IOCが「コンパクト開催」を重視しているので、競技施設 の配置を
(できる限り)10km 圏内にすることを考えている、という。
そこで、10Km圏内の施設・施設設置可能地域を拾い出しての説明だ。
 高速道路網整備計画図
も示し、2016年までに道路整備が可能である、と言う。

 選手の移動について
 「選手村から各競技施設への移動は、電車とはいかない。そこで、高速(首都高速)を
 利用する」という。
 オリンピック期間中、都民は大渋滞に巻き込まれる? 何か方策は?? 聞くと、
首都高の一車線を、時間帯を区切ってオリンピック選手移動専用にすることも計画している
 という。
 首都高が一車線になれば? 一般道は? と考えると想像しただけでも嫌になる。
 首都高は左右からの流入があり、どのように規制するのだろう?
 


●羽田跡地にメイン会場
を? と検討してみたが、飛行機の離発着に影響するらしく、
そもそも
候補地になり得ないもののようだ。





平成18年3月8日(水)・・晴れ
 
オリンピック招致決議

●行革110番は、以下の理由で都議会オリンピック招致決議に反対した。
 1. 東京都からは、
未だ計画の青写真・開催経費・財政見通し等を提示していない
  
過去のオリンピックにおいて後世にツケを残す結果になったものもある
 2. 先日、議会に示された「施設用地」の説明のなかで、石原知事が様々な機会で
  取り上げていた「羽田跡地も一つの候補だ」と話していたが、飛行経路の下(延長線上)
  にあり、「施設用地」に不適であるとの見解が示された。
   この説明からも、あまりに
杜撰で行き当たりばったりのものであることが判明している。
 3. また、IOCの流れにあわせて「施設が半径10km以内にあるコンパクト開催」を目指す
  としている。
   しかし施設用地の説明のなかで、選手が選手村から競技施設への移動の際は
  「
首都高速の一車線」を時間的に制約することを検討している、との見解を示している。
   しかし現実問題として、首都高速の入り口・出口、そして合流は、左側から、右側から
  があり、現実として首都高速を閉鎖することにひとしい、
   
選手の移動一つとっても、コンパクト開催の難題が解決されていない
 4. 
このようにオリンピックは大事業であり、都民に対する説明、議会に対する説明が
  なされていない。

 5. よって、招致決議文の
  「環境にやさしく豊かな成熟した都市東京を実現する契機となる」
  と書かれているが、文言と相反するもので、
都民の負担を強いるものであり決議文に
  
反対する

●ヤジ!
 民主党は討論のなかで、批判的な主張を展開し最後に「
賛成した」と言う。
  すかさず
   「民主の支持者にどう説明するのか。」
   「賛成の討論でない」
  とヤジが飛んだ。
 
 これが民主党の作戦なのかもしれないが、有権者から分かりにくい。
 オリンピックは平和運動のはずだ。しかし、都議会の議論は次元が違う。
 



平成18年3月9日(木)・・晴れ
 
2016年、オリンピックの施設用地
  なぜ紙はダメなのか?????


●3/3と昨日の続き、
 議員に対し説明したスライド
を紙ベース(プリント)して、資料としてもらいたい、
とオリンピック担当に頼んだところ、「
ダメ!!!!!」と言う。
 3/3の説明の時にデジカメで写したのだか、上手く撮れていないものが何枚かあったのだ。
 オリンピック担当は「ダメ!!」と言うが、新聞の紙面にも掲載され、昨日も
テレビのニュースで使っていたと記憶する。


 なぜ???  とダメな理由を聞くと、
 
マスコミが持っているものは、都庁から正式に発表したものでない! と言う。
  
・・・・・ということは、マスコミは違法?に取得したことになる。
 マスコミが持っているものを議員に渡さない。
  ・・・・・
行革110番もバカのされたものだ。ここまで嫌がらせをするとは・・・!
       明日、情報公開請求して見よう。そして、裁判所まで・・・・。(困ったものだ)
 
 
 
こんな状態でオリンピック招致に突き進んで行ったら、
  恐ろしい結果が待ち受けていそうだ!!



平成18年3月22日(水)・・くもり後雨
 JOCの行動規範に抵触しないのかナァ〜?!
  東京ビッグトーク/スポーツと都市
 

●1月31日、「東京ビッグトーク~石原知事と議論する会」の第2回が開かれた。
テーマが「スポーツと都市」!!!
      ______________________________________________

    ___________________________________________________
 
(↑ ビッグトークの概要  東京都のHPから)

 コメンテーターは、
 「川淵 三郎さん」(財団法人日本サッカー協会キャプテン、JOC副会長)
 「原田宗彦さん」(オリンピックの招致事情、経済効果等を研究している教授)
 「大林素子さん」(東洋の魔女、88 92 96の大会に出場)

ここで気になったのが、
コメンテーターの
「川淵」さんは、東京都が立候補している2016年オリンピックの
国内立候補都市選定委員会委員なのだ。
   
 ________________________________________________

   
 ____________________________________________________
 (↑ 第31回オリンピック競技大会(2016年)国内候補都市選定委員会委員の名簿)


 そして、ビッグトークのテーマは「スポーツと都市」だが、
川淵さんは選定委員ということで控えたのか、直接オリンピックとの言葉は1回しか使っていない。。
川縁さん以外の発言要旨を読むと、
オリンピックのことが主流だ。
そして、コーディネーターは最後に
2007年開催する東京マラソン、そして、2016年東京オリンピックの招致を視野に入れて、
これからもますます石原知事のリーダーシップを発揮していただき、・・・・」
と締めくくり、
「オリンピック招致」を盛り上げている。

 行革110番が情報公開で入手した資料に、JOCが作成した「
行動規範」が2通ある。
 1通は「JOC、選定委員等に対する行動規範」、そして、もう1通が「立候補都市」に関するものだ。
 抜粋するとる
 
1. 候補都市選定に係る行動規範・・本会関係者、加盟団体関係者、招致TD、選定委員会の各委員
  *IOCの倫理基準を厳格に遵守する。
  *各都市に対し、フェアーな精神を貫いて行動する
  *各都市関係者または代理人など第3者による個人的な接触によって誤解が生じない
   ようにする。

 
2. 立候補都市の行動規範・・(今のところは東京、福岡)
  *IOCの倫理基準を厳格に遵守する。
  *他の立候補都市を批判しない。
  *JOC等に贈り物は一切禁止。個人的な接触によって誤解が生じないにする。

 そして、石原知事は上記行動規範を遵守すると、1月13日に署名し()JOCに提出している。
    __________________________________

    _____________________________________
 (↑ 石原知事の「行動規範を遵守する」とした、JOCに対する確認書)



 にもかかわらず、
東京都主催のオリンピックを盛りたてようとした会合に、
立候補都市選定委員、そしてJOCの副会長の川淵さんをコメンテーターとして依頼する
東京都、フェアーと言えるだろうか?
(福岡でも同じものをやっていれば話は別?だか、担当者からは聞いていない!)
そして、
川淵さんにはもちろん「出演料(謝金)」が払われた、と聞いている。

 

 私は、田中長野県知事が作った「長野県」調査委員会のメンバーとして、
長野冬季オリンピックの招致活動/帳簿廃棄事件の調査を行い、オリンピックの裏側を嫌と
言うほど見せてもらった。
長野冬季オリンピック招致活動は、「JOC」が方針を決めていたことを物語る当時の
JOC岡野氏と長野の招致委員会メンバーとの議事論(←ここをクリック)には裏話が書かれ、
文書も残されている。
 岡野氏も、川淵さんと同じ2016年オリンピック選定委員の名簿に書かれている。
 
 候補都市「福岡」に且つ絶対の自信を持っている、という都職員もいる。
 昨年、東京都名誉都民になられた「古橋ひろのしん」さんはJOCの顧問。
 良く出来た話と思ってしまう。






平成18年3月28日(火)・・晴れ
 
外部講師/謝金-支払い基準
  ビッグトーク/謝金は??万?千円!!

  

3月22日の日記の続き
 オリンピック関連の情報公開請求で入手した文書のの中に「
外部講師謝金支払基準
が入っていた。
 3/22の日記で報告した、石原知事とのビッグトークの謝金について上記の
「外部講師謝金支払基準」に当てはめて調べてみた。
まずは、ビデオテープでビッグトークの時間を調べると、
講演時間は1時間30分だ。
下記の「外部講師謝金支払基準」の別表では謝金/1時間13,000円となっている。
 そこで、生活文化局の担当課長に聞くと、。
 ビッグトークが行われた1月31日は、30分前に来て頂いて打ち合わせが「30分」、
本番が1時間30分で、合計2時間。
 1月16日に「事前打ち合わせ/13時〜15時の2時間」。
 あわせて合計4時間。
 下記の別表に通り、時間単価は最高額の
1時間「13,000円」だが、今回の講演は受講者が
400人を超えているので、「謝金割増」が適用され、
2倍の謝金
つまり1時間当たり
26,000円を支払う、という。
そして、
 
26,000 × 4時間 = 104,000円
を支払った、という
 
 これはパン屋のやっかみかも知れないが、
 
400人以上の講演は1月31日の1時間30分だけだ。30分前に来て頂いたとして2時間
これは100歩譲っても、
1月16日の打ち合わせに2時間に、1時間当たり26,000円は如何なものか?
その事前打ち合わせも、電話などで内諾を頂いているが、お合いして正式にお願いし
内容を打ち合わせた
。という。
その時間が1時間26,000円、2時間打ち合わせをしているので52,000円という。
見識・経験のある方にお願いするのに、2時間もレクチャーが必要なのか?
 この事前打ち合わせには400人の受講者はいない。なのに1時間の謝金の2倍を払う!!と言う。

 担当課長は基準の通り支払っている! という。
  見解の相違には監査請求から裁判所!!で判断を仰ぐしかないようだ。
 
 川淵さんは「著名民間専門家」、原田さんは大学教授、大林さんは「著名ジャーナリスト」
として1時間当たり 13,000円。
 
コーディネーターの白石さんは「助教授」なので、1時間当たり、11,500円。
 トークの中で、話をまとめる白石さんの方が大変だった?かもしれないのに、謝金は少ない!
 これもおかしな話だ。

    ________________________________________






 
   ____________________________________



              
戻る